背中ニキビならではの対処法を

背中ニキビならではの対処法を

よく背中ニキビができると、顔にできたニキビと同じように対処してしまうかもしれませんが、それはNGです。

 

なぜならば、背中ニキビのでき方と顔ニキビのでき方は違うからです。

 

でき方の違いは、一つにニキビを生み出す雑菌の種類が異なる点が挙げられます。

 

実はマラセチア菌と呼ばれるものが背中ニキビの原因と言われています。

 

これはカビの一種で、顔のニキビの原因となるアクネ菌とは別物です。

 

ただし、マラセチア菌もアクネ菌同様皮脂がたっぷりあるところが好きで、増殖することで炎症が起きてニキビが生まれます。

 

かゆみとかが起こらないので気が付きにくいので、ニキビを放置した状態が続き、ニキビ跡にもなりやすいと言われています。

 

従って、なるべく毎日背中をキレイにしておくのが大切です。

 

もしできてしまったらマラセチア菌に効く抗菌剤を使うのが重要です。

 

よく顔のニキビと同じだろうと同じ薬を使ってしまう人がいますが、原因となる菌が異なるので顔ニキビ用の薬では効果がありません。

 

それから、背中ニキビも毛穴つまりが原因となるのでうぶ毛の処理なども気をつけておく必要があります。

 

うぶ毛によって毛穴に汚れがたまりやすく、マラセチア菌を増やしてしまう危険性があるので日頃のケアは大事です。

 

背中にきびで幻滅される前に!目指せすべすべ背中

 

背中にきび、自分では見えない部分なので、身体を洗っている時に手触りでザラっとしたりプツっとしたりで気付く事が多いものです。

 

自分で気付ければ良いですが、気付いていないうちに他の人に見られて「うわぁ・・・」なんて思われていたらと想像すると、ゾっとしてしまいます。

 

いくら綺麗にお化粧して髪もバッチリ、素敵な服や水着をセンス良く着ていても背中がにきびだらけで汚かったりすると「・・・あぁ、残念だなぁ」というマイナスの印象しか残らないものです。

 

見える部分が美しいと、その分背中にきびを見つけてしまった人のガッカリ度も上がってしまうというものです。

 

背中にきびの原因は、主に背中の洗い残しや衣服に残っていた洗剤や柔軟剤の刺激のせいです。

 

露出している訳ではないので、そこまで汚れるイメージのない背中ですが、案外汗をかいたり露出しない分衣服の洗剤や汚れが密着して雑菌が繁殖しやすかったり、お風呂でシャンプー等をしっかり頭からはすすいだものの背中で滞ってしまっていたりと、意外に背中の敵は多いです。

 

汚れを意識してこすりすぎても肌を傷めてしまったり乾燥させてしまい、背中にきびを悪化させかねませんので、そこは意識してたっぷりの泡でやさしい素材のタオルや手でなでる様に洗うのがコツです。

 

時々合せ鏡でチェックしたり、親しい友人や家族にチェックしてもらうと酷くなる前にケアが出来て安心です。